teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとうございます♪

 投稿者:てるやん  投稿日:2019年 1月23日(水)22時14分21秒
返信・引用
  はい、松方さんのお父様だってことでほほう!と近衛先生知ったのです(^^)
私のおばあちゃんと同じ年♪孫の世代になります(笑)
松方さんは小学校4年生の時に人形佐七の再放送を見て一目ぼれしました♪(すごい渋い

近衛先生をはじめて見た写真がオールバックに髪型で映画の作品に出られてたもので
「何てダンディで良い味のある雰囲気の方なんだろう」思い、だんだんと親近感を抱くようになりました(^^)
大吉も好きですよー^ ^
馬鹿たれが、って言う言い回しが職場の人が使っていたのでピンと大吉さんからだと気付いてました(笑)
時代劇、私ほど主人は見ないのでなんだかんだ言いながらも知ってるやん!と嬉しいです(o^^o)
 
 

いつまでも追いつけないのだった

 投稿者:じゅうよっつ  投稿日:2019年 1月23日(水)20時31分38秒
返信・引用
  てるやんさま

そうですね、あんなに一挙に時代劇ヒーローを見られるなんて、すごいです。
あーこんな番組もあった、あった、あれもあったから、あれこんなのあったんだ、まで。
私はこのちゃん以外では、琴姫見られたのが嬉しかったです。
なかなかないんですもん。

てるやんさまは、松方さんがご贔屓でらっしゃるんですね。
昨日見せていただいた番組、松方さん、結構このちゃんと同じ役をされてたんですね。
近藤勇が階段登っていく姿なんて、まんまだったので、びっくりでした。


キンちゃんさま

漫画の兵庫じゃキンちゃんさまのお目には叶わなかったんですね。
テレビでは松方さんのリメイクもありましたけど、このちゃんではじめて兵庫をみた人間にとっては、やっぱり兵庫はこのちゃんでなきゃ満足できないってことじゃないでしょうかねー。
(それでも目黒さんの”兵庫の息子”役は見てみたいんですが!)

>「時代劇スーパーヒーロー100」
山城新伍さんが司会されてます。
兵庫は「宝の山が招いていた」だったので、もしかしてキンちゃんさまがご覧になったのは違ってたのかも。

と思ったのですが、
>「俺は用心棒」の栗塚旭が入っており、そのヒーロー名が「嘉門銀次郎」と紹介されていたのです。
たしかに、「嘉門銀十郎」(次郎でなく十郎でした)とナレーションとともに紹介されてました!(すご~い、キンちゃんさまの記憶力!)
もしかして、番組では出てこない秘密の名前があったとか?
でも栗塚さん、あんまり”銀”ちゃんって感じでもないような・・・。


武庫川散歩さま
わ~、すみません!

>30代なんて設定の主人公に大人びたセリフを吐かれると、しゃらくさい、などと思ってる自分がいます。
たしかに、自分よりずっと若いと、なんかちょっと冷めてしまう部分はありますよね。
このちゃん兵庫は長いこと年上のおじさん(コラ!)だったんですけど、私も兵庫のときのこのちゃんの年はもうとっくに越えてるし、でも、今の自分をみていてとてもあんな雰囲気は出せてないなあとおもってしまいます。
このちゃん体力的にはお若い!けど、あの威厳はすごい!
 

粋な男前

 投稿者:武庫川散歩  投稿日:2019年 1月23日(水)20時04分7秒
返信・引用
  じゅうよっつさまに叱られるかもと思ってました。

中学ごろからは推理小説にもはまり、家にあったハヤカワミステリなど愛読、今でも時々買って読んでますが、ある時気づいたのです。
主人公がみんな年下だと。
30代なんて設定の主人公に大人びたセリフを吐かれると、しゃらくさい、などと思ってる自分がいます。

今や月影兵庫より年上なのです。
兵庫を見ていると、おじさんだけど(ごめんなさい!)若いです!
 

初耳です

 投稿者:てるやん  投稿日:2019年 1月23日(水)10時51分20秒
返信・引用
  キンちゃんさま、はじめまして。
私はまだ若輩者でもありますが今まで見てきた時代劇や見聞きしたもので 嘉門銀次郎さまは
お名前存じ上げませんでした(゚∀゚)

台本通りにのくだりにはウケました(笑)
あなた誰~?ですよね(笑)
私も時間出来ましたら見てみます(^^)
横からおじゃましました。今後ともよろしくお願いしますm(__)m
 

謎は解けないままだった

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2019年 1月23日(水)01時22分30秒
返信・引用
   武庫川さま。私も白土作品にはずいぶんとハマりました。
 時代劇の衰退(質の低下?)は、何も映画やテレビドラマだけに限ったことではありませんね。漫画の世界でも、時代劇をまともに描ける漫画家はめっきり減りました。昔は、白土の他にも、小島剛夕とか平田弘史とか横山光輝とか、魅せる剣戟漫画家が大勢いたものですが……。個人的にはさいとうたかをが好きで、子どもの頃よく、「月影」をさいとうたかをで漫画化(劇画化)してくれんものかと夢想しました。その後、実際に「月影」は漫画化されたのですが(月刊「少年現代」連載)、残念ながら、さいとうたかを氏ではなく、さつまはやとという、馴染みのない作家によるものでした。兵庫の顔も、イメージとはかけ離れていて(だってケツあごなんだもん)、成功作とは言えなかったような印象があります。
 刀の差し方さえ無茶苦茶な侍が平気で登場するような呆れた時代劇も現れてきた昨今、このサイトに集う皆さまといっしょに、近衛さんの元気だったあのころの時代劇について語り合えるのは喜ばしい限りです。

 じゅうよっつ様。「時代劇スーパーヒーロー100」っていう番組は、あのう、ひょっとしてアレですか?司会者が誰かまで忘れちゃったのですが、あのう、兵庫が紹介されるときの引用画像が「狂った刃におびえてた」だったあの番組のことでしょうか?
 だとすれば、もちろん私も視聴していたのですが、同番組の中に一か所、どうしても不可解な点があり、29年間解けないままの謎があるのです。それは、100人のヒーローの中に、何位だったか失念しましたが、「俺は用心棒」の栗塚旭が入っており、そのヒーロー名が「嘉門銀次郎」と紹介されていたのです。「はああぁぁぁ~???かもんぎんじろう?誰?それ」ご丁寧に、字幕でも「嘉門銀次郎」と出ているし、ナレーターも「嘉門銀次郎」なんて言ってる。コメンテーターまでが「かっこよかったですよね~」と調子を合わせているではありませんか(台本通りしゃべっているだけなので本人はなーんもかんがえてない)。用心棒シリーズの栗塚旭は、一貫して「野良犬」。名前はなかったはずです。一体全体、どこからこんな侠客まがい名前が発生してきたのでしょうか。それとも私が見落としたエピソードに「嘉門なにがし」と名乗る場面があったのでしょうか。もしそうなら、「ううっ、ぬかったわ」(白土三平調)と言って素直に非を認めます。
このサイトに集う時代劇通の皆さまなら、あるいは私の疑問に答えてくれるやもしれませぬ。また、機会があれば、解けない謎をさらりと解いてくださいませ。
 ユーチューブ見て自分で確かめろ、とおっしゃるか。実はパソコンの調子が悪くて動画再生できないのです。
 

ありがとうございます♪

 投稿者:てるやん  投稿日:2019年 1月22日(火)23時25分59秒
返信・引用
  お役に立てられ良かったです♪UPしてくださった方には本当に感謝感謝です^_^
金さん、堂々と上位ですからね(幸)当時は嬉しくて嬉しくて青春の思い出です♪
すごい派手めな桜吹雪だったので祖父や母が驚いていましたが(笑)
工夫していかに面白く楽しんでもらえるかって考えてる松方さんだからこそ長い間続いたと思います^_^
また色んなヒーローや時代劇の舞台裏が見れたのも良かったです。
 

懐かしい方ばかりだった

 投稿者:じゅうよっつ  投稿日:2019年 1月22日(火)21時05分2秒
返信・引用 編集済
  お祝いいただきありがとうございます!てるやんさま
そんなに昔からずっと楽しんでいただいてたなんて、こちらこそ、光栄です~!
ファミリーヒストリーももうだいぶ前のことになってしまいましたが、
>1990時代劇スーパーヒーローベスト100(’これですね。)
1990年だってちょっと前のような気がしてましたけど、本当は30年近い昔なんですねえ。
鬼籍に入られた方々が割といらっしゃっって。

刀のお話は49分30秒あたりからです。(ついでに、大吉が76位、兵庫が59位に。水野十郎左衛門役で93位にでてらっしゃいます。)>皆さま
でも、このちゃんなら、見なくても刀鞘に収められるわ~!>山城さん

てるやんさま、ご紹介いただきありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお付き合いくださいませ。


武庫川散歩さまはお祖父様の影響で兵庫にはまられたんですね。
私は母の影響なんです。

>ちょっと見おじさん
こらっ!(思わず、失礼お許しを!)
でも、なんとなくわかる気もします。
兵庫って、おじさん臭いところありますよね、腕をポリポリ掻いたりとか。
でも、肝心のところはかっこいいおじさん!人間臭くっていいですよねー!

でもその後は、このちゃん映画もご覧になられたんですね。
私は、リアルタイムでは映画はみてないです。不覚!
 

へちまは刀よりあごが長い

 投稿者:武庫川散歩  投稿日:2019年 1月21日(月)23時05分36秒
返信・引用
  キンちゃんさま
>ところで、白土三平の着流し浪人って、もしかして私の好きな「へちま狂の介」?

お返事遅くなりました。
浪人は特定のキャラクターを好きだった訳ではありません。
白土三平は小学生から読み始め、サスケ、ワタリ、カムイ伝、カムイ外伝そのほか短編も、忍者漫画が抜群でした。
刀や動きの描写がかっこいい!
テレビでも時代劇が好きでよく見ていました。
近くに住んでいた祖父も時代劇が好きで、月影兵庫はチャンバラも上手で面白いと祖父に聞いて見はじめたのです。
いっぺんではまって以来のファン。テレビで時々放送される東映映画なども逃さず見ました。
なにせティーンエイジャーの頃。もっぱら若い俳優を見ていて、近衛十四郎を知らなかったし、ちょっと見おじさん、と思って見なかった自分の不明を恥じています。
祖父母の家に間借りした時分には、深夜に柳生旅日記、柳生武芸帳などが放送されて、当初はイヤホンで聞くことを思いつけなくて音量をギリギリに絞って見ていました。

蛇足。カムイ外伝はずっと後になって続編が描かれましたが、若い時の切れ味の良い絵柄が、書き込みのやたら多い劇画風になっていてがっかりしました。
 

共感できるのは素晴らしい!

 投稿者:てるやん  投稿日:2019年 1月21日(月)22時09分54秒
返信・引用
  遅ればせながらサイトのお誕生日おめでとうございます☆
実は十年前からネットサーフィンでサイトは存じていたんですが掲示板にコメントできないままでいて。
でもずっと楽しんではいました。 昨年から自宅にネット環境ができてようやくいつでも楽しめることになりました♪
ファミリーヒストリーも見ましたよ。その方と本当にネットで繋がりができて本当に嬉しかったです。
近衛先生への想いと松方さんへの想いが共通して好きな人の事を語らえる、一緒に共感できることが幸せです♪
刀の話、子供の頃テレビで見てましたよ。 1990時代劇スーパーヒーローベスト100 だったかな。
30年ぶりにYouTubeで見て懐かしかったです。まだ動画ありますように☆
 

とにかくかっこいいのだった

 投稿者:じゅうよっつ  投稿日:2019年 1月21日(月)21時28分48秒
返信・引用
  そうなんですね、てるやんさま
もしかしたら松方さんと同じく、このちゃんや水川さんも、ゆっくり休まれてるのかもですね。
起こさないように(別に休む=寝てるということじゃないとは思いますけど!)、そっとお参りされるのがいいのかも。

うんうん、今どき、ビビるような威厳のあってかっこいい人なんて、そういないですもんね。
そこが素敵というお気持ちわかります。
 

レンタル掲示板
/501