teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


隠れている兵庫も見たかった

 投稿者:じゅうよっつ  投稿日:2021年 6月10日(木)19時42分28秒
返信・引用
  キンちゃんさま

納得されてよかったです。
ほんとに今はネットで何でも出てきますよねえ。

>結局、テレビ版とレコード版とは、アレンジが違ったのです。
たしかに、そういうことありましたよね。
はじめからレコードにせずに、売れだしてから改めてつくったとかでしょうか?
 
 

深く納得できていた

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月10日(木)01時01分21秒
返信・引用
   じゅうよっつ様。
 そっとおしえていただいた!様。
 ありがとうございます。
 「浪人独り旅」、さっそく「そっと」視聴しました。やはり私の所有しているもの(ビクター「想い出のテレビ黄金時代版)と同じでした。しかも当時のオリジナルジャケットまで確認できました。そこには「ステレオ」の表示が!私の想像が外れていることがわかったのです。
 結局、テレビ版とレコード版とは、アレンジが違ったのです。そういえば、「燃えよ!ドラゴン」でも「西部警察」でも「七人の刑事」でも、「サントラ盤」と謳っているいる割に、微妙に編曲が違いますものね。
 こういうことって、ままにあるんですね。

 これでスッキリしました。ありがとうござんした。うひゃひゃひゃ(ここは半次調で読んでください。
 

便利な世の中だった

 投稿者:じゅうよっつ  投稿日:2021年 6月 9日(水)21時29分25秒
返信・引用 編集済
  キンちゃんさま

取り出せるCDは取り出したんですが、どうしてもとれなかったのが多かったので、随分なくしました。
物をあまり増やしたくないので、追加はしないですが。

そうですよねえ、ネットで検索すればでてきますよね、今の時代。
何年もネットを利用しながら、私もすっかり忘れてました。

そっと教えていただいた!さまがメールで大吉の歌詞を送ってくださったんですが、
”腕は冴えても着たきり雀・・・強い男が強い男がさあ行くぞ”
というのが3番なんですね。

こちらにみっけましたが、ご迷惑にならないようにこそっと、ですね!)

 

歌詞を突き止めていた

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 8日(火)21時57分1秒
返信・引用
   じゅうよっつ様。プレーヤーともどもですか…。随分と豪快な話ですね。

 私、こんな簡単な方法があったことを忘れていました。「浪人まかり通る・歌詞」で検索すればすぐにたくさんのヒットがあったのです。
 てなわけで、今頃になって「まかり通る」の2番3番の歌詞を突き止めることができました。

 いやあ……なんともな歌詞内容でした。
 「浪人独り旅」とは対照的です。「独り旅」には、独り旅というくらいで、何となく孤独、哀愁、詩情みたいなものが漂っています。また、3番の歌詞に「朱鞘だけが知っている。今宵の酒のほろ苦さ」とあるように、人を斬った虚しさを酒で紛らすという内省的な面が見られます。
 それに比べて「まかり通る」はどうでしょう。なにしろ「まかり通るゾ」と威張っているのです。3番の歌詞に至っては、人を斬るからその前に酒を呑むゾ、とこれまた偉そうではありませんか。
 結果、兵庫は謙虚、大吉は粗暴、尊大、横暴、酒乱というイメージが確立するのです。
 だから、私は兵庫の方が好きです。大吉ファンの皆様、すみません。
 でも、「まかり通る」、聴きたいなあー。
 

持ってなかったことに今頃気づいた

 投稿者:じゅうよっつ  投稿日:2021年 6月 8日(火)20時06分44秒
返信・引用 編集済
  キンちゃんさま

大吉と兵庫の主題歌のお話を聞いてて今頃思い出しました。
そういえばサブちゃんの歌う主題歌の入ったCD持ってたよなあ、と。
でも多分、一度、プレーヤー(全部のCDを入れたままにできるやつだった)が壊れて取り込まれたままになったときに、プレーヤーとともにごみになってしまったような気がします。

で、今、そのCDがまだ売られているのか探してみたんですが、タワーレコードに視聴にしては長い視聴があったんですが、キンちゃんさまがお持ちなのは、これじゃない?

視聴じゃ聞けないですが、多分2番も入っていたと思います。
(忘却の彼方・・持ってなかったことさえ忘れてたんだから!)
キンちゃんさま作の歌詞ほど楽しくはなかったと思いますが!
 

地団太を踏んでいた・総集編

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 7日(月)22時25分54秒
返信・引用
   頭突きです。もとい。続きです。

 今回の深夜便は「浪人まかり通る」だったそうで、これも聞きたかったです。というのも、この曲は私は音源を持っていないのです。ですから、一番しか聞いたことがなくって、フルコーラスがどんなのか全く知らんのであります。一番の歌詞から想像するに、どうも大吉は世話を焼かれるのが嫌いなようで、そういう主旨で貫かれているのでしょうか。
 二番の歌いだしは「いらぬお世話さ何をしようと~」で始まるのでしょうか。最後は「でっかい酒樽背中にしょって~カネはなくても~待ったはかけぬ~飲み明かすぞお~踏み倒すぞ~ざま~み~ろお~」とでもいうのでしょうか。
 まさか。これでは無頼漢ですね。

 けれども、深夜便。やってくれることがニクイですね。この先まだまだ目が、いやさ、耳が離せませんね。きれいにまとまったところでおやすみなさいませ。
 

その後の地団太を踏んでいた

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 7日(月)22時08分6秒
返信・引用
   続きです。
 なのにステレオ録音とは?そこで、こんな仮説を立ててみました。
 北島三郎さんとかひばりさんとか裕次郎さんとか小林旭さんとか、活動期間の長い歌手は、過去の楽曲を何度もレコーディングし直しているのですよ。とくに初期のモノラル版をステレオ版にってパターンが多いですね。現在活躍中のミュージッシャンにも、レコーディングし直しするケースが多いですよね。まあ、新曲出してもヒットしないから過去の夢をもう一度って意味でそうするのでしょうけど…。

 だから、私が持っている「浪人独り旅」も、新バージョンのほうなのかもしれません。深夜便でオンエアされたのがどんな曲だったのか…。私の持っているのと同じバージョンだったのか。それとも違うアレンジの別バージョン「浪人独り旅」が存在したのか…。
 つくづく聞き逃したのが惜しいことです。
 地団太踏んでます。「独り旅」の三番の歌詞に「月影踏んでくる男」ってのがありますが、私はさしずめ、「地団太踏んで来る男」です。情けないなあ~。
 

地団太を踏んでいた・2021・愛・旅立ち

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 7日(月)21時54分44秒
返信・引用
   続きです。
 深夜便では前回「浪人独り旅」がかかったそうですが、ぜひ聞きたかったですね。
 私は同曲のテープ(ビクター、「想い出のテレビ黄金時代」全12巻)を所有しています。歌唱はサブちゃんで、三番までのフルコーラスです。ところが、編曲がオリジナルと微妙に違うのです。ハーモニカが前に出すぎて、痩せた感じのサウンドになっているのです。
 で、ステレオ録音です。待てよ?この時代はモノラル録音が主流ではなかったかな?
 私は、テレビでの「白黒~カラー」の移行と、レコードでの「モノラル~ステレオ」の移行とは、ほぼ足並みがそろっていると考えています。
 

地団太を踏んでいた・望郷篇

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 7日(月)21時39分29秒
返信・引用
   活弁士だなんて…でも光栄です。やってみたいですね。現在でも澤登翠さんとか活躍されていますね。

 うちのカミさんは、実はバッタのバター炒めとか、カブトムシの兜煮とかが好物で、つまりゲテモノ食いなんですよ。そのカミさんが見た目で選んだのだから、私のご面相はもって知るべしであります。○○系美男子もへったくれもないのであります。

 あ、じゅうよっつ様、「まかり通る」のほうでしたか。いや、それでも残念です。「独り旅」は音源持っているんですが、「まかり通る」は所有していないので、なおさら聞きたかったですね。じゅうよっつ様、そっと教えていただいた!様、せっかくの情報をもらっておきながらすみませんでした。これに懲りずにまたお願いします。
 

私も眠っていた

 投稿者:じゅうよっつ  投稿日:2021年 6月 7日(月)20時25分37秒
返信・引用
  のりりんさま
活弁士とはうまいことおっしゃいますねえ!

キンちゃんさま
そっと教えていただいた!さまより、訂正メールを頂きました。
***
キンちゃん様の書き込みを見て、気が付きました。
私、題名を間違えていました。
今回かかったのは、大吉なので、「浪人まかり通る」の方です。
兵庫の「浪人独り旅」は、ラジオ深夜便の「時代劇の曲part2」の方ですでにかかっていました。
嬉しさに、気が動転して、間違えてしまいました。
すみませんが、皆様に訂正をお願いします。
***
ということです。
私は、なんも間違いに気づかないままでした~。

そうか、お薬の影響で眠くなっちゃうのなら、「頑張りすぎずに眠って活力温存!」と体が言ってるんですね、きっと。
じゃあ、眠らないと!

でも、
>「あんたとは見た目で結婚したばかりに私は苦労の連続やわ」
う~ん、お会いしてみたい!
キンちゃんさまは、何系の美男子でらっしゃるんでしょ!?
 

地団太を踏んでいた

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 6日(日)23時27分8秒
返信・引用
   のりりん様。「リモート」です!その言葉が出てこなかったのです!ですから「テレ」だとか「オンライン」だとか、無理な言葉をくっつけちゃって…。「リモート墓参」ですね。

 ああ…じゅうよっつ様。一生の不覚です。深夜便、聞き逃してしまいました。私が現在服用している抗がん剤は、飲むと眠気を催す副作用があるのです。夕食後、ちょっと横になったのが運のつき、朝まで眠ってしまったのです!起きるなり、歯噛みしながら地団太を踏みまくりました。「あんたとは見た目で結婚したばかりに私は苦労の連続やわ」と、いつも口癖のように言っている私の連れ合いは、「なんや朝っぱらから、タップダンスかいな」といらんことを言います。
 「浪人独り旅」ですか!「浪人まかり通る」ではなくて、兵庫の方がかかったのですか!うわあ、聴きたかったなあ。いや、この主題歌、複数バージョンがあって、私の所有しているものは、オリジナルとはかなり編曲が違うのですよ。もちろん歌唱はサブちゃんですがね。
 またいろいろ教えてくださいねえ。
 

リモート時代

 投稿者:のりりん  投稿日:2021年 6月 6日(日)23時00分21秒
返信・引用
  キンちゃん様の書き込みが活弁士(字合ってるのかしらん?)のようで頭の中で勝手に変換して読みました面白かったです ふふふ
が!
すみませんパソコンの調子が悪ったんですね
 

聞いたもの勝ちだった

 投稿者:じゅうよっつ  投稿日:2021年 6月 5日(土)20時43分39秒
返信・引用
  そっと教えていただいた!さまよりメールいただきました。
今朝早朝の「ラジオ深夜便」で、大吉、かかったそうです!

>浪人独り旅(フルバージョン)」と「M1A-21 半次歩き」(半次が一人で歩いているときによくかかるびよ~んびよ~んみたいな曲)がかかりました。

2曲も!
聞かれたみなさま、おられたでしょうか?
 

いつも皆さま頼りだった

 投稿者:じゅうよっつ  投稿日:2021年 6月 4日(金)20時08分56秒
返信・引用
  あはは、たしかにちょっとくどすぎでした。すみません。
でも、キンちゃんさまは”オニイチャン”って感じぴったりです。右京兄さんは”兄さん”って感じで。おふたりともお会いしたことはないですけど・・。
あ、年下でらしたらごめんなさい!!

そうか、パソコンの調子が悪くて連続投稿しないといけないんですね。
私はまた、キンちゃんさま、もしかして無理されながらカキコくださってるのかなと、ちょっと心配でした。よかった!

プロフィールの写真は、殆どが今はなき稲田様から頂いたものです。大都跡の写真は三太夫さまから。
ほんとに、どのページも皆さまのご親切がなければ成り立っていません。
もち、キンちゃんさまのたくさんのおもしろいお話も!

>「つむじ風三万両」とか「白馬の騎士」とか
あ、そうですね!テレビ番組を忘れてました!
うん、みたい!みたい!
 

訂正していた

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 3日(木)23時34分38秒
返信・引用
   訂正です。前のカキコの「乗っている」は、「載っている」の誤りでした。

 じゅうよっつ様。おっしゃる通り、近衛さんの出演している東映作品は、東映チャンネルでほぼコンプリートされていますよね。あとは「月影」の欠番と、幻のテレビ作品(「つむじ風三万両」とか「白馬の騎士」とか)くらいでしょうか。

 このところパソコンの調子が悪く、掲示板で長い文章をグダグダ入力していると、突然、画面が消えてしまうのです。やむなく、短くぶつ切りにして投稿している次第です。
 

オニイチャンと呼べない歳だった。

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 3日(木)23時24分9秒
返信・引用
   じゅうよっつ様。かさねがさねお気遣いありがとうございます。オニイチャンと呼ばれるのは「たまに」であるからトキメクのであって、毎度呼ばれると、むしろ「あてこすり」に聞こえます。これまで同様「キンちゃん」で結構でございます。

 あ、永田氏は「松竹時代」が一番と述べられていましたか。愛読書のひとつなのに、そこの記述は失念していました。
 そうですよね。それぞれの「~期」にそれぞれの味がありますものね。飄々としたユーモアが出せていたのが「東映期」だったのかもしれませんね。
 このたび、東映以前の近衛さんが気になった理由は、このサイトの「プロフィール」を改めて熟読させていただいたからなのです。私の知らない扮装をした貴重な近衛さんの写真がいっぱい乗っているのですから。
 掲示板に夢中になってばかりで、じゅうよっつ様、このサイトにこんな素晴らしいコーナーがあったのですね。ありがとうございます。
 

次のタイトルは?と期待した

 投稿者:じゅうよっつ  投稿日:2021年 6月 3日(木)20時59分53秒
返信・引用 編集済
  キンちゃんオニイチャンさま
(そんなに喜んでいただけるならこれからはこちらで行きまひょか!)

たしか、永田氏はご著書「殺陣」の中で、松竹の頃の殺陣が一番と言われてましたよね。
でも、殺陣だけでなく、例えばお若いころの身軽さとか溌剌さとか、素浪人シリーズの頃の貫禄のある役とか、何を魅力と捉えるかによって、変わってくるかもですね。
おっしゃるように、このちゃんを見ていた時代によっても好みが変わりそうですし。

私はどれもそれぞれ好きですが、東映作品は兵庫の欠番を除けば(大きいけど!)殆ど放送されているので、松竹の未放送の映画を見てみたいです。
もしあるなら大都映画のも!
あれ、「柘榴一角」(大都)は、前に時代劇専門ch(たしか・・)でもあったと思いますが、キンちゃんオニイチャンさまはご覧になってなかったですか?

衛星劇場は、今月いっぱいまでに契約すると今月は無料で翌月は半額になるキャンペーンをやってますが、残念ながら今月はこのちゃん映画はないんですよねえ。
(ちなみに来月は「晴れ姿勢揃い 剣侠五人男」があります)
ちょっとお高いですもんね。

>一服盛られてのたうちまわりながら悶死するという情けない映画
前にお話されてましたよねー!
兄妹と偽っていた悪人役で、お医者さんみたいな格好じゃなかったでしたっけ?「伝七捕物帳」のどれか?

松竹にもいいこのちゃん映画いっぱいありますもんねえ。
ぜひ、放送していただきたいです!
 

花の盛りを見たかった・完結編

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 2日(水)23時15分34秒
返信・引用
   かの有名なる兼好法師も言うてはります。「花でも月でも盛りを見るべきだろうか?いや、そんなことあらしまへん」と。いや、直接聞いたわけではないですがね。
 ただ、私は東映以前の近衛さんに偏見があって、この掲示板にも過去に何度か触れましたが、テレビの深夜劇場で近衛さん、登場するなり一服盛られてのたうちまわりながら悶死するという情けない映画を見てしまい(題名失念)、以来、東映以前の近衛さんは冷や飯食わされていたんだなと痛感してしまったのです。トラウマですね。
 でも、今は無性に松竹時代の近衛作品を見たいという願いが日々高じてきているのです。
 

新・花の盛りを見たかった

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 2日(水)23時04分26秒
返信・引用
   続きです。
 で、逆に私よりも若い世代の人々は、「いただき勘兵衛」を見て、それが最高だと思うのぢゃないかな…なんて。あのね、勘兵衛さんの頃はもう下り坂だったのよ、などとおせっかい焼くかもです。
 てなことを考え始めると、さあスゥイッチが入ってしまいました。兵庫や大吉以前の近衛さん、すなわち松竹時代のそれを見たくなってきたのです。といっても、「東映チャンネル」はあれども「松竹チャンネル」はありません。衛星チャンネルで定期的に近衛さんの松竹時代のものを放送していますが、残念ながら契約しておりません。今、迷っています。
 松竹の作品って、題名がすごいそそられるんです。「柘榴一角」なんて情感溢れますよね。え?もしかして、原作の題名?こりゃまた失礼!
 

続・花の盛りを見たかった

 投稿者:キンちゃん  投稿日:2021年 6月 2日(水)22時53分25秒
返信・引用
   続きです。
 近衛さんの全盛期って、東映より以前かもしれないな…てなことが気になります。私より上の世代のファンから言うと、「東映よりも松竹時代の近衛のほうが脂が乗りきっていたぞなもし」てなことになるのでは?もっと上の世代の愛好家に言わせれば、「いや、松竹時代よりも、大都時代の近衛がピカ一ですたい」てな具合になるのでは…なんてことを考えるようになりました。
 

レンタル掲示板
/268