teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(1)
  2. ぽろりっ(0)
  3. 返信ありがとう(0)
  4. 返信ありがとう(0)
  5. ぽろりっ(0)
  6. 返信ありがとう(0)
  7. ぽろりっ(0)
  8. 全力全開(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1161/6422 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

佐藤進一と東大紛争

 投稿者:鈴木小太郎  投稿日:2017年 7月31日(月)11時46分51秒
  通報 編集済
  先日、ツイッターで佐藤進一について熱く語っている人がいて、

------
佐藤進一の『南北朝の内乱』が1970年代の著作であることを考えれば、この2017年の『観応の擾乱』における亀田先生の佐藤説への批判も、いかに佐藤進一の戦後歴史学に果たした役割が大きかったかを逆説的に物語るものかと思われます。
------

と書いていたのですが、『南北朝の動乱』の初版は1965年、中公バックスが71年、中公文庫が74年ですね。

https://twitter.com/IichiroJingu/status/888203283201900544
https://twitter.com/IichiroJingu/status/888205265916514308

ま、これ自体はつまらないことなのですが、佐藤進一は東大紛争をめぐる軋轢から1970年に東大教授を辞していて、1970年前後はあまり落ち着いて研究できる環境にはなかったようですね。
私は東大紛争における佐藤進一の立場を知りたくて、少し調べたことがあるのですが、結局よく理解できませんでした。

尾藤正英氏「戦争体験と思想史研究」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/7376
「かの学園紛争」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/7379
林健太郎氏「国史学界傍観」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/7384

ところで、山崎正和の近著『舞台をまわす、舞台がまわる - 山崎正和オーラルヒストリー』のおかげで大学紛争終息の舞台裏が分かるようになり、鹿島茂氏の書評を借用すると、

------
ある日、首相秘書官の楠田實から連絡が入って総理官邸に呼び出され、佐藤栄作のブレーンに加えられる。京極純一、衛藤瀋吉らと話しあううち、ショック療法として東大入試中止のアイディアが出る。「それでは演出も必要だろうと、安田講堂攻防戦の終了後(一九六九年一月二十日)、佐藤さんに作業服を着せて、長靴を履かせて、安田講堂の前を歩いてもらいました。(中略)その上で『東大入試をやめる』と出したら、一発で山が動きました」

https://allreviews.jp/review/31

といった経緯だったそうですが、このあたりは山崎正和の知識人としての明晰さと政治的判断の鋭さが光りますね。
山崎正和は1934年生まれで大学紛争時は若干三十代半ばですが、1916年生まれの佐藤進一は五十代半ばを過ぎていながら暴力学生の支援という「不可解な行動」を続けており、その頑固さ・依怙地さ・執念深さは、佐藤の足利尊氏評を借りるならば、まるで「精神疾患を患っていた」のではないかと思われるほどです。
佐藤は古文書職人としては立派な人だったのでしょうが、知識人と呼べるようなレベルの存在ではなかったな、というのが私の最終的な評価です。

>筆綾丸さん
京大の事情は全然知りませんが、歴史研究者の就職難はどこも厳しいようですね。
私も十年くらい前までは一応事情を把握していたものの、最近の厳しさは別の段階に入っているようで、当然のことながら大学院に残って研究を続けようと思う人も減少しているそうですね。
今年2月の『史学雑誌』に「敗戦直後における大串兎代夫の憲法改正論」という論文が出ていたので、石川健治氏の「7月クーデター」説を検討する過程で大串兎代夫に少し興味を持った私はパラパラ眺めてみたのですが、その内容から著者の大谷伸治氏は大学の准教授クラスだろうなと思ったら肩書が札幌市の小学校教諭となっていて、驚愕しました。
大谷氏個人の事情は知りませんが、本来なら大学に残るべき研究者が生活のために小学校教諭を選択しているのだとしたら、社会的には大変な損失ですね。

http://www.shigakukai.or.jp/journal/index/vol126-2017/
 
 
》記事一覧表示

新着順:1161/6422 《前のページ | 次のページ》
/6422