teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ぽろりっ(1)
  2. ぽろりっ(0)
  3. 返信ありがとう(0)
  4. 返信ありがとう(0)
  5. ぽろりっ(0)
  6. 返信ありがとう(0)
  7. ぽろりっ(0)
  8. 全力全開(0)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:2071/6422 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

「赤裸々に告白した異色の日記」を信じる歴史学者

 投稿者:鈴木小太郎  投稿日:2015年11月22日(日)11時08分55秒
  通報 編集済
  >筆綾丸さん
『とはずがたり』の「証言内容はすこぶる信頼性が高い」ということは、譬えて言えば某大学文学部M教授の研究室にいた女子学生が、自分はM先生の愛人でした、M先生は私にあんな猥褻なことやこんな異常なことをさせた純度100%の変態男でした、しかし私は今でもM先生を愛しています、心からお慕い申し上げています、という手記を週刊誌に発表したとして、その「証言内容はすこぶる信頼性が高い」と評価するようなものですからねー。
ま、森氏がその程度の「赤裸々に告白した異色の日記」を信頼されるのは自由ですが、氏が他の史料を扱う際の極めて慎重な態度とは随分異なるので、ちょっと妙な感じは否めないですね。

さて、森氏自身は『増鏡』の作者について特段の意見を持たれていないようですが、念のためと思って、森氏による小川剛生氏『二条良基研究』(笠間書院、2005)の書評(『日本歴史』703号=平成18年12月号)を見たところ、『二条良基研究』全体に対する評価は、

-------
 ひとことで言うと、本書はなかなか骨太の力作である。著者小川氏はあえていえば、中世の国文学研究を専門とする新進気鋭の若手学究であるが、本書の内容は、決して国文学の範疇に収まるものではない。そのことは、小川氏独自の専門的な学識はむろんのこと、繰り出される諸指摘が日本中世史に対するじつに的確にして深い理解に裏打ちされていることによろう。歴史研究の成果を十分に取り入れる格好で、みずからの新知見を随所にちりばめつつ、本書は執筆されている。
-------

という具合に極めて高いですね。(p115)
ただ、『増鏡』の作者に関する小川説については特に言及はありません。
ま、小川説自体が何とも曖昧なものなので、評価のしようがないのかもしれませんが。

『二条良基研究』
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/5370
「なしくずし」(筆綾丸さん)
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/5371
「牛」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/5372

>保阪正康氏の『昭和史のかたち』
七十過ぎた人が十代の頃の父親との葛藤をグダグダ書いているのは、ちょっとみっともない感じがします。
ちなみに保阪家は加賀百万石前田家の支藩、といっても僅か一万石足らずの小藩である上州七日市藩の家老の家柄だそうで、正康氏は43歳のとき、死が迫った父親とやっと和解したそうですね。
父親の回想によれば、正康氏の祖父の人生は、

--------
第一高等学校医学科の第一期生であったが、放蕩三昧の生活をし勘当同然になったこと、それでも内務省の役人になったがすぐにやめて新事業を興して失敗したこと、第十三代藩主になるはずだった利定と同年齢で親しかったために横浜の済生会病院に職を得たこと、しかし関東大震災で高女教師だった母や姉をはじめ家族が全員死亡したこと、
--------

といったものだったそうで、良い家柄に生まれただけに悩みも深かったようですね。

「酒井美意子は加賀百万石のお姫さまなの」
http://www015.upp.so-net.ne.jp/gofukakusa/hosaka-masayasu-sakaimiiko.htm
 
 
》記事一覧表示

新着順:2071/6422 《前のページ | 次のページ》
/6422