いつか登りたかった富士山に登りませんか?富士登山イベント第二弾★



カテゴリ:[ 趣味 ]


2件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[3] 富士山にむけて☆

投稿者: たまき 投稿日:2015年 5月 5日(火)22時46分23秒 60-57-96-172f1.kyt1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

***********
***********


こんにちは!たまきです。
この掲示板は
「いつか登りたかった富士山へ登ろう!
富士登山イベント第2弾♪」に
参加者の皆さんに送っています。

当日御殿場駅までのアクセスから
下山したあとのことまでを
登山計画にしてまとめてみました


プリントアウトするなどして
イベント終了まで
この内容はいつでも見れるように
保管をお願いします(*^^*)

今回みなさんが初めて登る
静岡県に位置する登山口、

須走口五合目。

森林地帯を抜けて、岩のごつごつした場所を通り、
下山には富士山の砂山を走りおりる「砂走り」
3つの富士山が見れちゃうコースです!

こんなコースは「須走り五合目」だけ。

これ以上詳しくは
こちらのサイトをご覧ください(まるなげ 笑)

「富士さんぽ」
http://www.fujisanpo.com/
「初心者のための富士登山2015」
http://www.camp-outdoor.com/tozan/fujisan/
「富士登山の服装・持ち物・装備の
初心者向け準備ガイド2015」
http://fujisan.rash.jp/



【富士登山道具のレンタルショップ】

「そらのした」
http://www.soranoshita.net/


「富士登山用セット」
ザック
レインウエア(透湿)
トレッキングシューズ
ヘッドランプ
トレッキングポール
スパッツ(足と靴の隙間をうめるカバー)
防寒着


これだけがついていれば
防寒着の下にきる
帽子、手袋、厚い靴下、
フリース、スポーツブラなど
インナーは代用可能です。

詳しくは上記のサイトをみてください。

注意、
発熱素材、綿素材の服はさけてください。
汗が乾かずに体力が奪われてしまいます。



これにプラスして
安くてもいいので
用意してほしい道具があります。

サングラス、マスクです。

砂嵐が吹き荒れる砂の下山道を下る際
に必要です。



【富士山で使うお金】

・登山バス往復代 2100円
・飲み物代・食べ物代 5000円
・トイレ代 1000円(全て100円玉で用意)
・下山後の温泉代 1500円

全部あわせて1万円。

飲み物・食べ物代に関しては
こんなに必要になるかどうかわかりませんが
500mlお茶が500円の世界なので(笑)
一応1万円あれば、安心だと思います。

http://




[1] 富士登山スケジュール

投稿者: たまき 投稿日:2015年 5月 5日(火)22時38分20秒 60-57-96-172f1.kyt1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

【御殿場駅到着~須走口五合目】



「近鉄バス 金太郎号」に
 
21時55分 大阪駅(地下鉄東梅田駅)
22時58分 京都駅

それぞれが乗車して
御殿場駅へ向かいます。


*7時4分 御殿場駅到着。


到着したら、登山バスの時間まで休憩します。
ストレッチなどでからだをほぐしたら
荷物の最終チェックなどすませましょう。

駅構内に小さなコンビニがありますので
買い忘れなどあったらここで買います。
(下界プライスで買える最後の場所となります、笑)
 
登山バスの往復チケットを買ったら
いよいよ出発です。


【須走口五合目~五合目出発まで】




*8時35分 登山バスに乗り、出発。

*9時35分 「須走口五合目」に到着。



五合目に到着したらまず
東富士山山荘で
朝ごはんを食べましょう。

ここで不必要な荷物を預かってもらいます。

利用客はトイレ無料。
荷物も預り無料。


*11時 いよいよ出発!!


【五合目出発~七合目「大陽館」(宿泊小屋)】




「古御獄神社参道」参拝。
富士山の神様にご挨拶してきましょう♪♪

ゆっくりゆるゆる~なペースで登っていきます。
抜かされたって焦る必要はありません。


七合目までトイレは有料1回200円。


*16時 この時間までに到着予定。
      チェックイン。


17時 夜ご飯。
   おかわり自由の
   トン汁やご飯のついたハンバーグです。

消灯まで自由時間です。
荷物の整理をしたりたそがれたり
写真を撮ったりのんび~りすごしましょう!

21時 消灯。

トイレ無料。
(下山時も宿泊者は無料♪)


【七合目「大陽館」(宿泊小屋)~山頂まで】


*4時 起床、朝食。

朝食を食べた後は
日の出を見るために外へ出ます。

(山頂以外の朝日は、御来光っていわないんだって!
去年はそのことを知らなかったわたし(笑))

晴れることを願いましょう♪♪

少し二度寝して・・・


*7時頃 「大陽館」出発。


【山頂~「山口屋本店」(宿泊小屋)】



*午前中 ついに山頂到着!



山頂に到着して少し歩くと<br />
帰り道の「須走口下山道」がみえてきます。

ここからすぐの「山口屋本店」
ここが宿泊小屋です。

(団体ツアー客で予約がとれなかった場合は
別の山小屋に変更)

ここまできたら、
休憩、お昼ごはんにします。


*12時頃までに。 体調や天気がよければ
          「お鉢巡り」開始。

お鉢めぐりは、富士山の火口をぐるっと
一周まわるコース。

有名な富士山頂郵便局も通りますよ。
手紙、ぜひ用意しておいてくださいね!
富士山の消印がつきますよ~。
大切なあの人へ送りませんか♪♪


*16時 「山口屋本店」チェックイン。


チェックイン後、 夕飯を食べます。
荷物を整理したあと、
翌朝の御来光と下山にむけて
早めに就寝しましょう。


*翌朝4時前 起床、朝食



朝食後、歩いてすぐの「成就岳」に登って
御来光をみます。

最高ですよ~(*^^*)

小屋の前からも見られますので
もし体調不良でもなんとか見れるとおもいます。


【「山口屋本店」~下山】


体調がよくない人が出た場合、
ここですぐに下山します。

高山病の特効薬は下山することなので
無理せず下ります。


*7時 下山道から開始予定。


ここから「砂走り」が始まります!
サングラス、タオル、マスクを装備して
砂が舞い上がる富士山の砂場を
一気に3時間ほどで下ります!


一気に下るといっても楽ではなくって。
疲れきった体にはこたえます。

足ががっくがくになるのは
覚悟しておいてください(笑)



*??時 須走口五合目に到着
     9時50分
     (10時45分御殿場駅着)
     または11時50分
     (12時45分御殿場駅着)
     登山バスに乗車。



お疲れ様会もかね
ここから温泉へ行きましょう♪♪

ゆっくりからだをやすめて
疲れを癒します。

温泉の場所は
まだ考え中ですがバスで20分の温泉か
徒歩15分のスパになると思います。


帰りの話をします♪


帰りは新幹線?それとも夜行バス?
どちらで帰る予定ですか?
私は新幹線で帰るのをおすすめしています。

私が去年そうしたら本当に楽でした(実体験(笑))

18時2分、御殿場駅発の電車に乗れば
全員が終電前には最寄駅に帰れます。

電車で帰る方は途中までご一緒しましょう!

http://


レンタル掲示板
2件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口

© GMO Media, Inc.